UQモバイルの回線速度・口コミ・料金プラン・解約についてのまとめ

回線速度に関して

MVNOと呼ばれる事業者は数多くありますが、なかでもUQモバイルは、通信時の速度の速さと安定感で定評があります。格安SIMアワード2015によると、UQモバイルは、何と通信速度部門の首位を獲得しています。快適で速い通信を最優先したい人に、格安SIMアワードの通信速度部門で第1位に選ばれたUQモバイルを選ぶのがいい選択になるでしょう。MVNOと格安スマホの普及は将来どんどん進んでいく気配ですね。

UQモバイルの通信制限について

どのMVNOでも変わりませんが、利用者全てが平等に使えるように、何度もたくさんデータを送受信される方の通信スピードを規制させていただいております。72時間で利用したデータ通信容量をもとに、予め決まっている量を越した方に対しては、通信速度制限が行われます。速度が制限された状態はいつまでも続くことはなく、直近3日間の通信量があらかじめ定められた容量に収まれば自動的に解除されます。特別な使い方をしない限り、超過することは、なかなかないはずです。契約プランごとの規定容量は規定されていないようで、全プラン共通で3日で1GBが規定値に設定されています。

UQモバイルの口コミについて

UQモバイルが他社より優秀な点は、他社に比べると通信速度が速いということが挙げられます。既にネット上でも、その速度については多方面から好評を得ており、料金プランについては、MVNOの中でもかなりシンプルな方ですし、通信料はやや高額なきらいもありますが、その点を考えても、素晴らしいSIMであることには変わりありません。格安スマホを選ぶ際、選択肢の一つとして加えられることは間違いありません。

快適すぎる高速通信のスピード

UQモバイルをお勧めする最大のメリットは、同業他社と比べて、ずば抜けた通信スピードを誇っている点です。しかも安定しています。個人的に契約しているいくつかのMVNOのうちでも、高速かつ実行速度を安定しているため、全般的にUQモバイルを使用しています。格安スマホを検討している人から、私は即、UQモバイルと答えるでしょう。と請われたら、私は必ずUQモバイルだと伝えます。UQモバイルは料金で比較すると他のMVNOより高くなってしまいますが 、通信速度がUQモバイルより劣っているので、速度を求める方にはUQモバイルが1番お勧めです。

UQモバイル料金プランと解約

UQモバイルの月々の料金設定や速度について説明していきます。いまのスマホ代と比較しながら、月々の利用額がどれくらい安くなるのか、是非参考にご覧ください。どれだけ節約できるか、月額費用と初期費用をチェックしてみましょう。

月額プラン・初期費用

UQモバイルの月額費用は、SIMには2つの種類があります。データ通信専用のSIMと、音声通話ができるSIMです。070・080・090の電話番号が使いたい場合は音声通話付きSIMが必要で、スマホとしてこれまでと同じように利用を継続したいのであれば、必ず音声通話可能SIMを選び、絶対にデータ専用SIMと間違えないようにしてください。通話SIMの料金は、データ無制限+音声通話SIMプランで2,680円、データ高速3GBプランで1,680円です。

データ通信専用SIMの月額費用は、データ無制限プラン:1,980円、データ高速3GBプラン:980円となっています。

UQモバイルの解約手数料について

UQモバイルの解約縛りと違約金について、解説していきます。データSIMのご利用の際には、利用期間は特に定められておりません。解約のタイミングがいつでも、手数料がかからないところが良いところです。一方で、最低でも1年間使わなければならないのが、音声通話SIMです。最低利用期間の1年を待たずに解約したい場合は、違約金『9,500円』の請求を受けることになります。キャリアとの差別化として、縛り期間が自動更新されませんので、13か月以降に解約した場合は、違約金が掛からないというメリットがあります。

UQmobileのチェックポイント

UQモバイルはMVNOの一つで、今注目を浴びている格安スマホが利用できます格安な上にキャリアから乗り換えると、さらに月々の支払いが安くなるのが魅力です。月々1,680円という低価格で利用出来る格安スマホサービスとして人気となっています。AU回線を利用しているUQモバイルは、通話可能エリアや品質がAUと同じだという安心感もあります。さらに、UQモバイルでは、他社と違い、無料通話付きのプランも設定されています。これからUQモバイルへのMNPを検討中の方の為に、UQモバイルのキャンペーンから料金プランまで網羅しましたので、UQモバイルの長所・短所交えながら、ご紹介します。

AUエリアで使える格安SIM!

モバイルルーターの老舗UQコミュニケーションズのUQモバイルでは、AU回線を使用しています。ですから、通話品質としてはAUを使用しているのとほぼ変わらなく、AU回線というサービス範囲が広範囲となっており、県外になることもほとんどなく不自由なく安心して使用可能です。UQモバイルの凄さは、AUのスマホがそのまま使えるというところにもあります。ごく一部を除いた大半の機種が対応しています。もちろん、新しくスマホを買う人や、新機種が欲しい人もいると思うので、SIM単体だけではなくスマホとSIMをセットで購入することも出来ます。既にAUのスマホをお持ちのかたならば、SIMカードの契約だけでUQモバイルが使えるようになりますので、また新たに機種を購入する必要もありません。定評のあるAUの回線を安く使えて、SIMもまた安いという、いいとこ取りの通信サービスがUQモバイルというわけなのです。

VoLTEプランあり

UQモバイルではVoLTE対応プランが導入されていることで有名です。VoLTEとは、今までの音声通話よりも音質がはるかによい、たくさんある通話方式のなかでも最先端の技術です。それまでの方式で対応できたのは、周波数にして300Hz~3.4kHzの範囲内に限られていました。VoLTEは50Hz~7kHzまで、対応できる周波数の幅が広がりました。その為、音質が改善され篭りの無いクリアな高音質な通話が可能になったのです。VoLTE対応という魅力に惹かれて、UQモバイルを選ぶ人もいるほどです。

データくりこしが可能

速度と安定性に定評のあるUQモバイルの場合は、使用しなかったデーター量は翌月に繰り越す事が可能で、毎月データ使用量が変わる人でも、容量を気にせずに利用できるのは、とっても大きなポイントです。ターボ機能というものもありますので、データの通信速度を高速で利用するのか、低速で利用するのか、ユーザーが選択する事が可能です。データ量のムダな消費を節約出来る便利な機能です。

終了間近のキャンペーン!

mineoのキャンペーン情報から、料金・速度・制限・評判等のまとめ

mineo料金に関して

mineoの料金プランや通信速度についてご紹介します。月々の携帯代と見比べながら、mineoならどれぐらい節約できるでしょうか。読んで頂ければと思います。どれだけ安いのか、mineoの料金プランを見てみましょう。

mineoの月額費用

mineoの月額費用は、データ通信専用SIMと音声通話付きSIMで分かれています。070/080/090番号を使いたい場合は音声SIMを選ぶことにより大手キャリアの携帯電話と同じように使いたい人は、必ず音声機能付きSIMを選択するよう、お願いいたします。音声SIMの月額プランは、Aプラン(AU回線)が500MBで1,310円、1GBで1,410円、3GBで1,510円、5GBで2,190円、10GBで3,130円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MBで1,400円、1GBで1,500円、3GBで1,600円、5GBで2,280円、10GBで3,220円です。

データSIMの料金プランは、Aプラン(AU回線)が500MBで700円、1GBで800円、3GBで900円、5GBで1,580円、10GBで2,520円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MBで700円、1GBで800円、3GBで900円、5GBで1,580円、10GBで2,520円となっています。

契約縛り

最低利用期間と解約手数料、これは契約前に頭に入れておいてください。mineoは解約違約金や最低利用期間の設定がなく、解約するときに解約手数料がかからないのです。利用期間や手数料を気にせずに格安SIMを試用できるという点が、てともありがたいサービスです。ただ、注意する点が1つあり、それは1年以内に他のキャリアに乗り換えると手数料がかかることです。契約するにあたり、その点だけは注意してください。

mineoの回線速度

ここでな、mineoの通信速度についてご説明していきまふ。docomoの回線のプランではLTE回線で最大225Mbps、auプランもドコモプランと同じ通信速度ですデジタル家電情報などを載せている雑誌などにも書かれていますが、混雑する時間帯に関しては、キャリア契約の回線の通信速度には劣ってしまいます。混雑時間だから遅くてもしょうがないって、諦めてしまいたくはないですよね。そういう人には、キャリアと契約するしかないでしょう。しかし、これだけの安さで提供している訳ですから、総合的に考えても、かなりコスパ・満足度の優れたサービスだと思います。

mineo Aプランでの3日制限に関して

どのMVNOでも変わりませんが、ユーザーが平等に使えるように、データ通信を多く使用したユーザーの速度を制限しています。現時点までの3日間で使用したデータ通信量を計測し、あらかじめ定められた通信量を超過した場合について、通常より遅い通信速度での使用ならば可能な速度制限が適用されます。直近3日間のデータ通信量が、規定より下がれば自動的に制限は解除されます。一般的な使い方をしていれば、速度制限が実施されることはほとんどないと思います。料金プランごとの規定容量は規定されていないようで、Aプランは、全プラン共通で1GB/3日が規定値になっています。

マイネオ docomo回線プラン3日間制限0

docomoの回線を利用した、mineoの回線プランでは、直近3日間のデータ通信量による通信速度制限はありません。例えば、メールの送受信のみの日と動画閲覧を頻繁にする日など、日によってデータ使用量に大きな差が出る方は、そんな方は、制限があるau回線のいわゆるAプランよりも、毎日の通信量を気にすることもなく、安心して使い続けることができます。キャリアの違いだけでなくこのような制限の違いもよく調べたうえでどちらのキャリアプランにするか検討するとよいでしょう。

mineoのチェックすべき項目

格安スマホのサービスの一つであるmineoついてご説明させていただきます。au、docomo、Softbankから乗り換えると、スマートフォンの月額使用料を大幅に削減することができると期待できます。月々1310円で利用可能な格安SIM格安スマホサービスがあるのは、mineoです。国内で初めてマルチキャリアMVNOとなったmineoは、キャリアでもトップクラスのdocomoとAUの回線プランを取り揃えています。電波のエリアや音声品質は全く一緒ですので、節約の味方になる頼もしい存在ですね。そんな訳で、今回は、mineoの料金や解約について、まとめましたので、話題のmineoについて、ご理解頂けるかと思います。

docomoとdocomo・AUの基地局を利用したMVNO

mineoはMVNOの1つで、auやdocomoと同じ回線を使ってサービスを提供しています。キャリアと同じくらいの高音質で通話も今まで通り行っていただけますし、通信エリアの広さもほとんど同じです。mineoで使える機種は、回線が同じなのでdocomo・AUの機種を使うことが可能なので、スマホを新たに購入しなくても大丈夫です。端末を新しく購入する必要が無いので、初期費用を大幅に抑える事が出来て大変便利なポイントです。mineoで販売されている格安スマートフォンを購入し、利用することもできます。ハイクオリティの回線をお得に使えますし、docomo回線とAU回線の好きな方を選択することができます。なお、利用料金がそれぞれ異なるので、その点も比較しながら検討するといいとおもいます。

高品質通話VoLTE対応!

mineoではVoLTE対応のプランが用意されています。この聞き慣れないVoLTEというものは、従来の音声通話よりも音質が格段に改善された、新技術を用いた新たな通話サービスの事です。300Hz?3.4kHzまでの周波数を今までは拾うことができていましたが、このVoLTEは、なんと50Hz~7kHzまでの音が拾えるのです。従来の音声電話よりも、高音質な通話が可能になりました。VoLTEは、mineoの素晴らしい魅力の一つです。

データ繰り越しに対応している

mineoだと、使わなかったデータ量は翌月に繰り越すことが可能なため、毎月データ使用量が安定しない方も、ならして使えるので気にせず使えていいですよね。

mineoアプリでデータ量を節約

mineoには、mineoスイッチというものも用意されていて、データ通信速度を高速と低速で自由に切り替えて使うことができます。節約したデータ容量の使い方ができるので、ユーザーには嬉しい機能ですよね。データ容量を節約できるmineoスイッチとWi-Fiを上手に利用すれば、より低価格なプランにする事も出来ると思います。携帯代を節約するのに一役買うこと間違いありません!

終了間近のキャンペーン