Umobileの特徴と速度・制限・キャンペーン情報

Umobileの特色まとめ

今人気となっているMVNOの1社であるUmobileは、U-NEXTという動画配信を行っている株式会社の事業の一つになります。「U-NEXT」は2015年に上場審査の厳しい東京証券取引所第一部に上場を果たしている企業でもあり、上場した事で更に信頼と安心感が増し、ベンチャー企業ながらMVNOの中で注目を集めています。Umobileの特筆されるべき点は、高速データ通信に制限がないところです。LTE回線をいつでも何処でも使い放題にしたいのならば、Umobile意外には考えられないでしょう。さて、いきましょう!Umobileのすべてを網羅したまとめになりますので、節約出来たスマホ代を何に使いましょうかね。笑

docomoの基地局を利用した格安スマホサービス

Umobileはdocomoの回線を使用しながら、格安料金のサービスを提供しています。そのため気になる通話品質はdocomoと変わりませんし、サービスの範囲も広く、回線も安定しております。また、これまでドコモのスマホを使っていた人なら、ほとんどの機種をそのままUmobileで使うことができます。UmobileではSIMフリースマホをセットで購入する事も出来ます。docomoのスマホを利用中の方であれば、UmobileのSIMカードを契約するだけで今までと同様に利用することができるのです。機種変更の費用を抑える事ができるので、気軽にサービスを利用できるメリットがあります。Umobileはdocomoと同じようなサービスを受けながら月々の支払いが安くなるという嬉しいサービスです。

LTEの高速通信が使い放題

U-mobileでは、格安スマホなのにLTEの使い放題プランがあり、このプランと同じようなものは他社にはないので、そこがUmobileのおすすめポイントとなっています。容量の制限を気にかけることなくハイスピードなLTE回線で通信したい人には、制限の心配がまったくない、まさにあつらえ向きと言えるプランでしょう。しかもLTEが使い放題でありながら、月額料金は3,000円にも満たない良心的な料金設定となっています。大手キャリアと比べても、この料金設定は明らかに安く、料金を抑えられる事が一目瞭然です。よくネットを理由する人にとってはとても魅力的なプランだと思います。スマホで高速通信を利用される方には、おすすめのMVNOです。このプランの詳細については、Umobile公式サイトで確認してみて下さい。

ネットで即日MNPもできる!

Umobileの魅力の一つとして、即日MNPに対応しているという点があげられます。Umobileで採用しているのはMNP届け出方式で、店舗へ出向かずオンラインでの手続きを済ますだけで、申し込みからSIMカード到着までの不通期間もなくMNPが可能となりました。即日MNPをしたいために、これまで店舗へ足を運んでいた方も、Umobileならばネット環境さえあればどこでも手続き、即日MNPが可能となっています。これまで携帯やスマホが使えない期間があるのが不安で、これなら、誰でも気軽に乗り換えることが出来ます。手続きは、SIMカードが到着したらマイページの回線切替ボタンをクリックするだけで非常に簡単です。これならよりスピーディにMNPの手続きが行えるため、格安スマホへ切り替えるユーザがいっそう増えることになりそうですね。

ユーモバイル料金について

Umobileを利用する際にかかる料金と費用についてご案内します。毎月のスマホ代がいくらかかっているかチェックした上で、Umobileでどれだけスマホ代を安くできるか、じっくりと見比べてみてください。では、月額費用と初期費用をチェックしてみましょう。

料金と初期費用

Umobileのプランは、今話題の格安SIMは、大きく分けてデータ専用SIMと、音声通話可能SIMがあり、料金も異なります。音声通話もできるSIMでは、070/080/090の番号が利用できるので、大手キャリアの携帯電話と同じように使いたい人は、音声通話SIMの選択が条件になるので、ここではデータ通信を選ばないようにしてください。音声通話SIMの料金プランは、3GBプランで、1,580円、5GBプランで1,980円、LTE使い放題プランで2,980円、LTE使い放題プラン2で2,730円となっています。

データ通信専用SIMの料金プランは、1GBプランで790円、5GBプランで1,480円、LTE使い放題プランで2,480円です。

音声SIMの「LTE使い放題2プラン」では、12か月間利用しないと、違約金が発生しますが、LETの使い放題プランの月々の利用料金2,980円より、250円格安になるプラン内容です。

Umobileの解約手数料

Umobileの解約縛り、これは契約前に頭に入れておいてください。データSIMの場合、2年縛りのような拘束期間がありません。例えば初日に解約したとしても、解約手数料は発生しません。一方、通話SIMには利用期間が設けられており、最低でも6ヶ月となっています。もし、6ヶ月間使用せずに解約してしまうと、違約金が6,000円も発生してしまうのです。キャリアと異なる事柄として、縛り期間が自動更新されないという点があり、7ヶ月以上利用すれば、解約時に違約金が掛からないのも大きな利点と言えます。

LTE使い放題2プランの解約違約金

UmobileにおけるLTE使い放題プランは二つで、違う最低利用期間・解約違約金が設定されています。契約から6ヶ月以内の解約の場合には、9,500円の違約金が発生します。 7ヶ月~12ヶ月目で解約する場合、解約手数料が3,500円必要になります。また、契約後、11か月以内に契約プランを変更する場合にも、手数料として3500円をお支払いただきます。以上の様に、他プランとは異なるケースが発生するので念頭に入れておく必要があります。解約をした時の違約金は、少し高めではあります。その分月額料金が低めになるプランなので、期間内に解約もプラン変更も絶対にしないのであれば、この LTE使い放題2プランは、たいへんお得ですので、自信をもってお勧めできます。

通信速度

いろいなMVNOの携帯プランの中でも、Umobileは、大手キャリアドコモの225MbpsLTE回線を使っています。この回線は対応しているエリアが広く速度も安定しています。

Umobileの3日制限について

どのMVNOでもそうですが、利用者の平等な利用環境のために、一定の量以上のデータ通信を行った利用者は使いすぎとみなされ、通信速度を規制する仕組みがとられています。最近3日間で使用したデータ量に応じて換算され、規定のデータ通信量を超えた利用者に対し、200Kbpsという低速通信を適用します。直前の3日間に通信したデータの量が基準値よりも低くなり次第、制限措置は自動で終了します。一般的な使い方をしていれば、速度制限が実施されることはほとんどないと思います。直近3日でどれだけ通信すると規制の対象となるかは明記がありませんでした。

Umobile口コミ

Umobileときいて思いつくのは、あの高速通信のLTEが使い放題というプランは大きな魅力です。信頼性の高いdocomoのLTE回線を使用して、制限無く高速通信が使えるサービスは、他社には中々ないプランです。この、使い放題プランを利用して、他社から乗り換えれば、月々のランニングコストを抑える事が出来るかもしれません。

通話SIMなら、毎月400~600ポイントバック!

コンテンツ量が多く人気の動画配信サービスのU-NEXTで利用可能な特典としてU-NEXTポイントが毎月還元されるのもお勧めできる点です。還元されるポイントは、毎月600ポイント。ただしLTE使い放題2プランは、毎月400ポイントです。U-NEXTで配信されている動画を見たい場合1本300円くらいなので、月に1~2本を無料で視聴することができます。話題の洋画や名作邦画といった映画から、国内外の人気ドラマ、見逃してしまったアニメやバラエティといったTV番組など、動画のラインナップが豊富です。Umobileを契約した場合月々3,000円弱掛かりますが、U-NEXTポイントが400~600ポイントも付くと言うのは、かなり還元率の高いポイントサービスだと言えます。

ユーモバイルのキャンペーン!