BIGLOBE SIMのメリット・デメリット詳細とキャンペーン情報

BIGLOBEの格安SIMの料金と初期費用

BIGLOBE SIMの料金制度についての説明をします。今お使いの携帯料金と比較しながら、どれくらい携帯料金が節約できるのか違いを見てみてください。これから、それではBIGLOBE LTEの料金プランについての説明に入っていきます。

BIGLOBE LTE料金プランと初期費用

BIGLOBE LTEの料金プランに関しては、SIMにはデータ通信専用のものと、音声通話付きのものの2種類があります。音声通話も出来るSIMは、090/080/070の電話番号が使え、スマホとしてこれまでと同じように利用を継続したいのであれば、音声通話SIMを選ぶ必要があります。データ専用SIMは使えませんのでご注意ください。音声SIMの料金は、1GBプラン(音声通話スタートプラン)1,400円、3GBプランで1,600円、6GBプランで2,150円、12GBプランで3,400円、20GBプランで5,200円、30GBプランで7,450円です。

データ専用SIMの料金プランは、3GBプラン:900円、6GBプラン:1,450円、12GBプラン:2,700円、20GBプラン:4,500円、30GBプラン:6,750円となっています。

200Kbpsと低速ではあるものの、無制限に使えるベーシックプランがありますが、 ベーシッププラン以外の通信速度は、262.5MbpsのドコモLTE高速通信を使用するプランとなっています。BIGLOBE LTEで最初にかかる初期費用は3,240円だけで、スマートフォンを同時購入する場合は別途本体代が掛かります。

BIGLOBE LTEの解約手数料について

BIGLOBE LTEの解約縛りについて、説明していきます。データSIMには最低利用期間がないためいつでも解約することが可能です。契約したものの短期間で契約解除するような事になっても、解約手数料が掛かりませんので安心です。それに対して通話SIMでは12カ月間の縛り期間が定められています。万が一、1年以内に解約するとなると、違約金『8,000円』の請求を受けることになります。大手のキャリアでは、最低利用期間が終了しても、自動的に縛り期間が更新されてしまいますが、13ヶ月以上利用することで解約のタイミングが自由になり、更新月以外の月でも違約金が課せられないのがメリットです。

BIGLOBEの格安スマホのチェックポイント

BIGLOBE LTEは、BIGLOBEの格安スマホサービスで、docomo回線を利用したMVNOの一つです。一般的な携帯電話会社からの乗り換えで契約すれば、毎月のスマホ代金もぐんと安くなることが想定されるサービスです。現在非常に人気があるのは、月々900円で使えるスマホです。NTTドコモの回線を使っているのも一つの特徴となっていて、通話品質も対応エリア・電波の強さもdocomoと一緒です。BIGLOBE SIMの特徴であり魅力的なサービスが、オプションサービスのエンタメフリーです。動画や音楽のストリーミングサービス(YouTube、Google Play Music、Apple Music、AbemaTV等)を通信料を消費せずに無制限で使えるんです!これからBIGLOBE SIMへの乗り換えを検討している方の為に、BIGLOBE SIMの料金プランから、キャンペーン情報まで網羅しましたので、楽しく、読んで頂ければと思います。

docomoのネットッワークを利用したBIGLOBEの格安スマホ

ISPでおなじみのBIGLOBEが運営しているBIGLOBE LTEは、NTTドコモの回線を借りてサービスを提供しています。docomoと同じく信頼の高い通話品質ですので、エリアも広くてつながりやすく、そのうえ高速通信となっています。ドコモのスマホを使っている方であれば、大体の機種は変更せずに利用できます。BIGLOBE LTEがお勧めするスマホをセットで買って使うということも、当然可能です。既にドコモのスマホをお持ちの場合は、SIMカードのみ契約することでそのままお使いいただけますし、わざわざ新規でスマホを買う必要が無いというのが大きな魅力です。ドコモの信頼感や広範囲の通話環境などを考えて安心して、格安契約できるということでお得な情報ですよね。

セット端末がありすぎて困る

BIGLOBE LTEにしようと思っている人で、今使っているスマホがBIGLOBE LTEでは使えない機種だった時は、スマホ本体の購入も必要になります。BIGLOBE LTEで販売されているスマートフォンは、他社と比べて種類が豊富で、これが人気の秘訣でもあります。スマホのみならず、タブレット端末も多く取り揃えているため、よりどりみどりですね。

データ通信量の繰越し

プランごとにデータの通信料は異なりますが、あまり通信を利用せず、データ容量がたくさん残ってしまうという月もあるでしょう。しかしBIGLOBE LTEを利用していれば、次月に繰り越すことが出来るのです。月度内に消化できなかったデータ通信量を翌月に繰り越せるサービスが無いMVNOもあり、翌月への持ち越しに対応している点は、BIGLOBE LTEを利用するメリットであるでしょう。データ通信量も無駄なく使うのがベストですから、翌月繰越しは嬉しいサービスですね。

通話料がお得になる、BIGLOBEでんわ

BIGLOBE LTEの「BIGLOBEでんわ」は通話料が半額になるお得なサービスです。IP電話とは異なるもので、プレフィックス型の電話サービスのため、通話相手には発信元の電話番号が通知される仕組みになっています。このとき相手側に通知されるのは、普段使用している電話番号です。つまり、相手からすると、いつもどおりの電話と変わりません。IP電話を使う場合、多くの場合は発信者番号通知に対応していなかったり、050から始まる番号で通知されたりしますので、相手が出てくれなかったりするので正直不便だったのですが、BIGLOBEでんわはそんなことがないので非常に使い勝手がいいです。

3分かけ放題とは?

大手携帯キャリアのNTTドコモ、au、ソフトバンクが通話し放題プランを提供することで顧客を集めようとしているのに対し、MVNOの大半が通話し放題サービスには対応していません。月々も支払いが安いのは嬉しいですが、メールやネットより通話がメインの人は不安に感じると思います。BIGLOBE LTEでは、日本国内での通話なら、最初の3分間は通話料金がかからず、しかも回数は制限なしというサービスがでつけられます。月々の負担は650円です。IP電話と違い、電話回線を使った「3分かけ放題」は、電話回線を利用している他の電話と同じように、発信者の電話番号を相手に通知する“発信者番号通知”のサービスにも対応しているので、いつもと変わらない、話し放題の電話を楽しめるのが、醍醐味です。BIGLOBEでんわで通話をする際に掛かってくる通話料がおおよそ1分間で21円掛かってくるので、1回の通話時間が3分以内で月に35分以上通話する方は、ぜひ加入しておきたいですね。

650円で1,200円分が無料になる”通話パック”とは?

また、BIGLOBE SIMには、「3分かけ放題」と同じ月額650円で、通話パック60というオプションが付いています。こちらは、月々650円で無料通話1,200円が必ずついてくるお得なオプションです。また3分以上通話することはほぼない!という人には、『3分かけ放題』が最適なのですが、時々長電話もすることがある人にとっては、この「通信パック60」が絶対にオススメです!どんなご要望にも対応できますので、通話料が気になったらお気軽にご相談ください☆

最初の1ヶ月は無料なのも嬉しい

BIGLOBE LTEはSIMの契約をすると、最初の一ヶ月に限り月額料金が無料となるサービスを受けられます。最初の1ヶ月というのは、SIMカードやスマホ本体が届いた日を含む月を指します。SIMが届いたタイミングにより、1カ月分の料金が丸ごとゼロになることもありえます。しかし、お客様が今ご契約中の他社キャリアにおいての解約手数料・支払い・その他もろもろの手続きなどもおありと思いますので、月の初めまで待つのが果たしてオトクなのかということもあります。乗り換えのタイミングは慎重に!

BIGLOBE SIMの回線速度

BIGLOBE SIMでは、ドコモの4G回線である375Mbpsという高速回線を利用したサービスを提供しています。スピードについては、docomoと同じ回線を利用しているので、速度も信頼できます。docomoと同じ回線を格安で使用できることは、大手携帯3社や他のMVNOと比較しても、BIGLOBE SIMの強みとなりそうですね。これからのモバイルは格安スマホ、MVNOといったサービスが時代の主役になりそうですね。

BIGLOBE SIMの帯域制御

キャリアにしろ、MVNOにしろ、利用者全てが平等に使えるように、一部のユーザーが大量にデータのダウンロードをしようとした場合などに、回線スピードの速度制限をかけるという規制を行っていました。速度を制限する基準には直近3日間のデータ通信量が用いられ、規定のデータ通信量を超えた利用者に対し、通信速度が規制されていましたが、72時間制限が撤廃されたのは大きなニュースとなりました。ということで、BIGLOBE SIMでは、直近72時間のデータ使用量を憂慮する必要はないんです。これがBIGLOBE SIMの嬉しいポイント。

終了間近のキャンペーン