BIGLOBE SIMのメリット・デメリット詳細とキャンペーン情報

BIGLOBEの格安SIMの料金と初期費用

BIGLOBE SIMの料金制度についての説明をします。今お使いの携帯料金と比較しながら、どれくらい携帯料金が節約できるのか違いを見てみてください。これから、それではBIGLOBE LTEの料金プランについての説明に入っていきます。

BIGLOBE LTE料金プランと初期費用

BIGLOBE LTEの料金プランに関しては、SIMにはデータ通信専用のものと、音声通話付きのものの2種類があります。音声通話も出来るSIMは、090/080/070の電話番号が使え、スマホとしてこれまでと同じように利用を継続したいのであれば、音声通話SIMを選ぶ必要があります。データ専用SIMは使えませんのでご注意ください。音声SIMの料金は、1GBプラン(音声通話スタートプラン)1,400円、3GBプランで1,600円、6GBプランで2,150円、12GBプランで3,400円、20GBプランで5,200円、30GBプランで7,450円です。

データ専用SIMの料金プランは、3GBプラン:900円、6GBプラン:1,450円、12GBプラン:2,700円、20GBプラン:4,500円、30GBプラン:6,750円となっています。

200Kbpsと低速ではあるものの、無制限に使えるベーシックプランがありますが、 ベーシッププラン以外の通信速度は、262.5MbpsのドコモLTE高速通信を使用するプランとなっています。BIGLOBE LTEで最初にかかる初期費用は3,240円だけで、スマートフォンを同時購入する場合は別途本体代が掛かります。

BIGLOBE LTEの解約手数料について

BIGLOBE LTEの解約縛りについて、説明していきます。データSIMには最低利用期間がないためいつでも解約することが可能です。契約したものの短期間で契約解除するような事になっても、解約手数料が掛かりませんので安心です。それに対して通話SIMでは12カ月間の縛り期間が定められています。万が一、1年以内に解約するとなると、違約金『8,000円』の請求を受けることになります。大手のキャリアでは、最低利用期間が終了しても、自動的に縛り期間が更新されてしまいますが、13ヶ月以上利用することで解約のタイミングが自由になり、更新月以外の月でも違約金が課せられないのがメリットです。

BIGLOBEの格安スマホのチェックポイント

BIGLOBE LTEは、BIGLOBEの格安スマホサービスで、docomo回線を利用したMVNOの一つです。一般的な携帯電話会社からの乗り換えで契約すれば、毎月のスマホ代金もぐんと安くなることが想定されるサービスです。現在非常に人気があるのは、月々900円で使えるスマホです。NTTドコモの回線を使っているのも一つの特徴となっていて、通話品質も対応エリア・電波の強さもdocomoと一緒です。BIGLOBE SIMの特徴であり魅力的なサービスが、オプションサービスのエンタメフリーです。動画や音楽のストリーミングサービス(YouTube、Google Play Music、Apple Music、AbemaTV等)を通信料を消費せずに無制限で使えるんです!これからBIGLOBE SIMへの乗り換えを検討している方の為に、BIGLOBE SIMの料金プランから、キャンペーン情報まで網羅しましたので、楽しく、読んで頂ければと思います。

docomoのネットッワークを利用したBIGLOBEの格安スマホ

ISPでおなじみのBIGLOBEが運営しているBIGLOBE LTEは、NTTドコモの回線を借りてサービスを提供しています。docomoと同じく信頼の高い通話品質ですので、エリアも広くてつながりやすく、そのうえ高速通信となっています。ドコモのスマホを使っている方であれば、大体の機種は変更せずに利用できます。BIGLOBE LTEがお勧めするスマホをセットで買って使うということも、当然可能です。既にドコモのスマホをお持ちの場合は、SIMカードのみ契約することでそのままお使いいただけますし、わざわざ新規でスマホを買う必要が無いというのが大きな魅力です。ドコモの信頼感や広範囲の通話環境などを考えて安心して、格安契約できるということでお得な情報ですよね。

セット端末がありすぎて困る

BIGLOBE LTEにしようと思っている人で、今使っているスマホがBIGLOBE LTEでは使えない機種だった時は、スマホ本体の購入も必要になります。BIGLOBE LTEで販売されているスマートフォンは、他社と比べて種類が豊富で、これが人気の秘訣でもあります。スマホのみならず、タブレット端末も多く取り揃えているため、よりどりみどりですね。

データ通信量の繰越し

プランごとにデータの通信料は異なりますが、あまり通信を利用せず、データ容量がたくさん残ってしまうという月もあるでしょう。しかしBIGLOBE LTEを利用していれば、次月に繰り越すことが出来るのです。月度内に消化できなかったデータ通信量を翌月に繰り越せるサービスが無いMVNOもあり、翌月への持ち越しに対応している点は、BIGLOBE LTEを利用するメリットであるでしょう。データ通信量も無駄なく使うのがベストですから、翌月繰越しは嬉しいサービスですね。

通話料がお得になる、BIGLOBEでんわ

BIGLOBE LTEの「BIGLOBEでんわ」は通話料が半額になるお得なサービスです。IP電話とは異なるもので、プレフィックス型の電話サービスのため、通話相手には発信元の電話番号が通知される仕組みになっています。このとき相手側に通知されるのは、普段使用している電話番号です。つまり、相手からすると、いつもどおりの電話と変わりません。IP電話を使う場合、多くの場合は発信者番号通知に対応していなかったり、050から始まる番号で通知されたりしますので、相手が出てくれなかったりするので正直不便だったのですが、BIGLOBEでんわはそんなことがないので非常に使い勝手がいいです。

3分かけ放題とは?

大手携帯キャリアのNTTドコモ、au、ソフトバンクが通話し放題プランを提供することで顧客を集めようとしているのに対し、MVNOの大半が通話し放題サービスには対応していません。月々も支払いが安いのは嬉しいですが、メールやネットより通話がメインの人は不安に感じると思います。BIGLOBE LTEでは、日本国内での通話なら、最初の3分間は通話料金がかからず、しかも回数は制限なしというサービスがでつけられます。月々の負担は650円です。IP電話と違い、電話回線を使った「3分かけ放題」は、電話回線を利用している他の電話と同じように、発信者の電話番号を相手に通知する“発信者番号通知”のサービスにも対応しているので、いつもと変わらない、話し放題の電話を楽しめるのが、醍醐味です。BIGLOBEでんわで通話をする際に掛かってくる通話料がおおよそ1分間で21円掛かってくるので、1回の通話時間が3分以内で月に35分以上通話する方は、ぜひ加入しておきたいですね。

650円で1,200円分が無料になる”通話パック”とは?

また、BIGLOBE SIMには、「3分かけ放題」と同じ月額650円で、通話パック60というオプションが付いています。こちらは、月々650円で無料通話1,200円が必ずついてくるお得なオプションです。また3分以上通話することはほぼない!という人には、『3分かけ放題』が最適なのですが、時々長電話もすることがある人にとっては、この「通信パック60」が絶対にオススメです!どんなご要望にも対応できますので、通話料が気になったらお気軽にご相談ください☆

最初の1ヶ月は無料なのも嬉しい

BIGLOBE LTEはSIMの契約をすると、最初の一ヶ月に限り月額料金が無料となるサービスを受けられます。最初の1ヶ月というのは、SIMカードやスマホ本体が届いた日を含む月を指します。SIMが届いたタイミングにより、1カ月分の料金が丸ごとゼロになることもありえます。しかし、お客様が今ご契約中の他社キャリアにおいての解約手数料・支払い・その他もろもろの手続きなどもおありと思いますので、月の初めまで待つのが果たしてオトクなのかということもあります。乗り換えのタイミングは慎重に!

BIGLOBE SIMの回線速度

BIGLOBE SIMでは、ドコモの4G回線である375Mbpsという高速回線を利用したサービスを提供しています。スピードについては、docomoと同じ回線を利用しているので、速度も信頼できます。docomoと同じ回線を格安で使用できることは、大手携帯3社や他のMVNOと比較しても、BIGLOBE SIMの強みとなりそうですね。これからのモバイルは格安スマホ、MVNOといったサービスが時代の主役になりそうですね。

BIGLOBE SIMの帯域制御

キャリアにしろ、MVNOにしろ、利用者全てが平等に使えるように、一部のユーザーが大量にデータのダウンロードをしようとした場合などに、回線スピードの速度制限をかけるという規制を行っていました。速度を制限する基準には直近3日間のデータ通信量が用いられ、規定のデータ通信量を超えた利用者に対し、通信速度が規制されていましたが、72時間制限が撤廃されたのは大きなニュースとなりました。ということで、BIGLOBE SIMでは、直近72時間のデータ使用量を憂慮する必要はないんです。これがBIGLOBE SIMの嬉しいポイント。

終了間近のキャンペーン

楽天モバイルのインターネット速度と料金・特徴・キャンペーンに関するまとめ

楽天モバイルのインターネット速度

楽天モバイルの通信サービスは、docomoの225Mbpsという高速な通信回線を採用しています。通信スピードについては、さすがはdocomo回線。安心の速度と言えそうです。安い料金でdocomoと同じスピード回線で利用できるので、楽天モバイルの素晴らしいところです。これからのモバイルは格安スマホ、MVNOといったサービスが時代の主役になりそうですね。

楽天モバイルの速度制御

MVNOすべてで共通ですが、利用者が平等に快適に利用できるように、データ通信を多く利用した方に対しては、速度に制限を設けております。速度を制限する基準には直近3日間のデータ通信量が用いられ、ある規定の容量をオーバーしてしまった利用者には、通常より遅い通信速度での使用ならば可能な速度制限が適用されます。ここ3日の通信量が、決められ量に届かなかったら自動的に制限解除となります。特別に何かをしていない限り、一般的な使用をしていれば制限にかかる事がないと思います。料金プランごとの規定容量 3.1GBプラン=540MB/3日 5GBプラン=1GB/3日 10GBプラン=1.7GB/3日

楽天モバイルの料金と解約

楽天モバイルの料金プランには、どのようなものがあるのでしょうか。今のスマホ代の月々の料金と比べてみると、どれくらい携帯料金が節約できるのか違いを見てみてください。 ここでは、楽天モバイルの料金体系について、契約時の手数料とその後かかる月額基本料から解説します。

料金プランまとめ

楽天モバイルの料金プランは、データ通信専用SIMと音声通話SIMの二種類があります。070/080/090の番号が使えるのが、音声通話ができるSIMなので、以前の携帯電話番号を利用したい時には、音声通話付きSIMを選ぶ必要があります。データ専用SIMを選ばないようにくれぐれもご注意くださいね。通話SIMの料金は、低速使い放題のベーシックプランで、1,250円、3.1GBプランで1,600円、5GBプランで2,150円、10GBプランで2,960円です。

データ通信専用SIMの月額費用は、低速使い放題プラン:525円、3.1GBプラン:900円、5GBプラン:1,450円、10GBプラン:2,260円となっています。

プランの内、ベーシックプランは、200Kbpsの低速通信だけ使い放題になるプランで、そのプラン以外としては、LETの高速回線(225Mbps)プランとなるのです。初期費用は一律3,240円のみで、あとは、端末代ですね。

楽天モバイルの解約縛りについて

楽天モバイルの解約縛りと解約手数料、これは契約前に頭に入れておいてください。データSIMにおいては、ここまで利用しなければならないという期間に決まりはありません。つまり、いつでも解約が出来る上、解約の違約金も発生しません。その一方で、通話SIMについては最低12ヵ月は利用することが契約条件となっています。1年以内に解約をした場合は、9.800円の解約手数料が必要になります。大手キャリアですと、自ら申し出ないと縛り期間が自動で更新されてしまいますが、こちらの場合は、13ヶ月を過ぎればいつ解約してもペナルティがかからないのがメリットです。

楽天スマホの気になるポイント

楽天モバイルは、楽天市場の格安スマホサービスで、docomo回線を利用したMVNOの一つです。一般的な携帯電話会社からの乗り換えで契約すれば、毎月のスマホ代金もぐんと安くなることが想定されるサービスです。なんと月々わずか1,250円で利用できるという格安SIMが大変話題になっています。docomo回線を使った通話サービスを提供しているので、通話のクオリティや電波の範囲などはdocomoと同じです。また、楽天モバイルのユーザーには見逃せない特典がありまして、それは、契約が続く限り楽天市場でのショッピング時にもらえるポイントが2倍になるのです。実に充実したサービスぶりですね。早速ですが、楽天モバイルのサービス詳細を詳しくまとめましたので、楽しく、読んで頂ければと思います。

docomo同エリアのMVNO

楽天モバイルで使用している回線はドコモの回線です。だから繋がりやすさは抜群で音質もdocomoと変わらず、通話可能エリアも広いので、安心して通話を楽しむことができます。今お使いのスマホがドコモのものなら、ほとんどの機種はそのまま楽天モバイルで使用できます。docomoのスマートフォンでなくても、楽天モバイルで購入できる機種を利用するのも良いと思います。以前にdocomoで契約されていて、そのときのスマホがある場合はSIMカードだけを楽天モバイルで購入すれば、これまで通り使用することができますので、新規でスマホを改めて買いなおすようなことも必要ないのです。楽天モバイルは、安心して使えるdocomoの回線が今までよりも安く使える、格安スマートフォン・格安SIMのサービスと言えます。

格安スマホが選択肢豊富すぎる

今手元にあるスマートフォンが楽天モバイル非対応の場合、楽天モバイルで使えるスマホを新規に買う必要があります。そんな人のために楽天モバイルではスマホ本体もセット販売していますが、多彩なラインナップでご自分の好みに応じた物を選ぶ事が出来ますので、他のMVNOより種類の多い事が特徴と言えます。スマートホンだけでなく、タブレットを使いたいと思っている人でも、種類が多く同じように選択肢が広がります。だたし、楽天モバイルを契約する際には一つだけ注意することがあり、本体代金を分割払いにしたいときは楽天カードでの決済が必要になることです。そのため楽天カードを利用していない方は、本体購入代金は、現金で一括で支払う事になります。しかし機種の選択肢が豊富であることは、楽天モバイルの大きな魅力です。

あまったデータ容量の繰り越し

契約したプランの内容によって、利用できるデータ容量は異なりますが、データ使用量が少なくて、余ってしまう月もあると思います。しかし、こういった場合でも楽天モバイルであれば、嬉しいことに翌月繰り越しサービスがあるのです。翌月に繰り越しが出来る格安SIM会社は意外に少ないので、そういった点においても、楽天モバイルの大きな魅力の一つです。出来るだけ損をしないような使い方をいたいと思う人が大半だと思うので、このサービスはとても魅力的です。

通話代がお得な、楽天電話

なんと!通話料が半額になる画期的なサービスがあります。それは楽天でんわです。「楽天でんわ」はプレフィックス(接頭辞)型電話サービスと呼ばれるもので、これまでのIP電話サービスとは違ったメリットがあるサービスで、こちらの電話番号を相手側にちゃんと通知ができます。通話相手に通知されるのは「0037-68-」を取り除いた普段使っている電話番号です。つまり、電話の相手側からすると、いつもどおりの電話と変わりはないのです。これまでのIP電話だと、電話をかけると相手には「非通知」とか「050」の番号になってしまうので、一般電話と比べると使いにくい点もありました。一方、楽天でんわを使用すればこのような問題で困ることもありません。さらに、楽天でんわの通話料には、楽天ポイントの加算対象になりますので、更におトクですね。通話かけ放題のオプションサービスも開始しました。

5分かけ放題

携帯会社と言えば思い当たるのがAUやソフトバンクやDOCOMOなどですが、この3つの会社はカケホーダイのサービスがありますが、多くのMVNOは、どこにかけても通話料無料といった料金プランを用意していません。格安スマホは料金の点では魅力的だけれども、友達と通話をよくするから乗り換えるのはちょっと不安という方も安心してください。 楽天モバイルでは1カ月の利用料金が850円で、日本中どこでも最初の5分は回数に関係なく無料になるという魅力的なオプションができました。しかも、このオプションではIP電話を使わずに、電話回線を利用できるので、IP電話などとは違い、楽天でんわなどと仕様は変わらず発信者番号通知にも対応していますので、普通の楽天でんわとかわりなく通話し放題になってしまうのが特徴です。NifMoにも話し放題のサービスはあるものの、かけた人に電話番号が相手方に表示されないことがままあるようです。楽天でんわで通話した場合の料金は、1分21.6円ですので、単純に月に40分から1時間以上話す人にとっては頼もしいサービスだと思います。

最初の1ヶ月は料金が無料

楽天モバイルでは格安スマートフォンやSIMを契約すると、最初の一ヶ月に限り月額料金が無料となるサービスを受けられます。ここで言う最初の一ヶ月とは、SIMカードやスマホ本体を手にした日を含む月のことです。SIMカード到着する日によっては、一カ月丸ごと無料になることもあります。ただ、乗り換え前の通信会社の契約期間とか解約手数料の件もあるので、必ずしも月初に購入するのが良いというわけではありません。

【間もなく終了】キャンペーン詳細

UQモバイルの回線速度・口コミ・料金プラン・解約についてのまとめ

回線速度に関して

MVNOと呼ばれる事業者は数多くありますが、なかでもUQモバイルは、通信時の速度の速さと安定感で定評があります。格安SIMアワード2015によると、UQモバイルは、何と通信速度部門の首位を獲得しています。快適で速い通信を最優先したい人に、格安SIMアワードの通信速度部門で第1位に選ばれたUQモバイルを選ぶのがいい選択になるでしょう。MVNOと格安スマホの普及は将来どんどん進んでいく気配ですね。

UQモバイルの通信制限について

どのMVNOでも変わりませんが、利用者全てが平等に使えるように、何度もたくさんデータを送受信される方の通信スピードを規制させていただいております。72時間で利用したデータ通信容量をもとに、予め決まっている量を越した方に対しては、通信速度制限が行われます。速度が制限された状態はいつまでも続くことはなく、直近3日間の通信量があらかじめ定められた容量に収まれば自動的に解除されます。特別な使い方をしない限り、超過することは、なかなかないはずです。契約プランごとの規定容量は規定されていないようで、全プラン共通で3日で1GBが規定値に設定されています。

UQモバイルの口コミについて

UQモバイルが他社より優秀な点は、他社に比べると通信速度が速いということが挙げられます。既にネット上でも、その速度については多方面から好評を得ており、料金プランについては、MVNOの中でもかなりシンプルな方ですし、通信料はやや高額なきらいもありますが、その点を考えても、素晴らしいSIMであることには変わりありません。格安スマホを選ぶ際、選択肢の一つとして加えられることは間違いありません。

快適すぎる高速通信のスピード

UQモバイルをお勧めする最大のメリットは、同業他社と比べて、ずば抜けた通信スピードを誇っている点です。しかも安定しています。個人的に契約しているいくつかのMVNOのうちでも、高速かつ実行速度を安定しているため、全般的にUQモバイルを使用しています。格安スマホを検討している人から、私は即、UQモバイルと答えるでしょう。と請われたら、私は必ずUQモバイルだと伝えます。UQモバイルは料金で比較すると他のMVNOより高くなってしまいますが 、通信速度がUQモバイルより劣っているので、速度を求める方にはUQモバイルが1番お勧めです。

UQモバイル料金プランと解約

UQモバイルの月々の料金設定や速度について説明していきます。いまのスマホ代と比較しながら、月々の利用額がどれくらい安くなるのか、是非参考にご覧ください。どれだけ節約できるか、月額費用と初期費用をチェックしてみましょう。

月額プラン・初期費用

UQモバイルの月額費用は、SIMには2つの種類があります。データ通信専用のSIMと、音声通話ができるSIMです。070・080・090の電話番号が使いたい場合は音声通話付きSIMが必要で、スマホとしてこれまでと同じように利用を継続したいのであれば、必ず音声通話可能SIMを選び、絶対にデータ専用SIMと間違えないようにしてください。通話SIMの料金は、データ無制限+音声通話SIMプランで2,680円、データ高速3GBプランで1,680円です。

データ通信専用SIMの月額費用は、データ無制限プラン:1,980円、データ高速3GBプラン:980円となっています。

UQモバイルの解約手数料について

UQモバイルの解約縛りと違約金について、解説していきます。データSIMのご利用の際には、利用期間は特に定められておりません。解約のタイミングがいつでも、手数料がかからないところが良いところです。一方で、最低でも1年間使わなければならないのが、音声通話SIMです。最低利用期間の1年を待たずに解約したい場合は、違約金『9,500円』の請求を受けることになります。キャリアとの差別化として、縛り期間が自動更新されませんので、13か月以降に解約した場合は、違約金が掛からないというメリットがあります。

UQmobileのチェックポイント

UQモバイルはMVNOの一つで、今注目を浴びている格安スマホが利用できます格安な上にキャリアから乗り換えると、さらに月々の支払いが安くなるのが魅力です。月々1,680円という低価格で利用出来る格安スマホサービスとして人気となっています。AU回線を利用しているUQモバイルは、通話可能エリアや品質がAUと同じだという安心感もあります。さらに、UQモバイルでは、他社と違い、無料通話付きのプランも設定されています。これからUQモバイルへのMNPを検討中の方の為に、UQモバイルのキャンペーンから料金プランまで網羅しましたので、UQモバイルの長所・短所交えながら、ご紹介します。

AUエリアで使える格安SIM!

モバイルルーターの老舗UQコミュニケーションズのUQモバイルでは、AU回線を使用しています。ですから、通話品質としてはAUを使用しているのとほぼ変わらなく、AU回線というサービス範囲が広範囲となっており、県外になることもほとんどなく不自由なく安心して使用可能です。UQモバイルの凄さは、AUのスマホがそのまま使えるというところにもあります。ごく一部を除いた大半の機種が対応しています。もちろん、新しくスマホを買う人や、新機種が欲しい人もいると思うので、SIM単体だけではなくスマホとSIMをセットで購入することも出来ます。既にAUのスマホをお持ちのかたならば、SIMカードの契約だけでUQモバイルが使えるようになりますので、また新たに機種を購入する必要もありません。定評のあるAUの回線を安く使えて、SIMもまた安いという、いいとこ取りの通信サービスがUQモバイルというわけなのです。

VoLTEプランあり

UQモバイルではVoLTE対応プランが導入されていることで有名です。VoLTEとは、今までの音声通話よりも音質がはるかによい、たくさんある通話方式のなかでも最先端の技術です。それまでの方式で対応できたのは、周波数にして300Hz~3.4kHzの範囲内に限られていました。VoLTEは50Hz~7kHzまで、対応できる周波数の幅が広がりました。その為、音質が改善され篭りの無いクリアな高音質な通話が可能になったのです。VoLTE対応という魅力に惹かれて、UQモバイルを選ぶ人もいるほどです。

データくりこしが可能

速度と安定性に定評のあるUQモバイルの場合は、使用しなかったデーター量は翌月に繰り越す事が可能で、毎月データ使用量が変わる人でも、容量を気にせずに利用できるのは、とっても大きなポイントです。ターボ機能というものもありますので、データの通信速度を高速で利用するのか、低速で利用するのか、ユーザーが選択する事が可能です。データ量のムダな消費を節約出来る便利な機能です。

終了間近のキャンペーン!

Umobileの特徴と速度・制限・キャンペーン情報

Umobileの特色まとめ

今人気となっているMVNOの1社であるUmobileは、U-NEXTという動画配信を行っている株式会社の事業の一つになります。「U-NEXT」は2015年に上場審査の厳しい東京証券取引所第一部に上場を果たしている企業でもあり、上場した事で更に信頼と安心感が増し、ベンチャー企業ながらMVNOの中で注目を集めています。Umobileの特筆されるべき点は、高速データ通信に制限がないところです。LTE回線をいつでも何処でも使い放題にしたいのならば、Umobile意外には考えられないでしょう。さて、いきましょう!Umobileのすべてを網羅したまとめになりますので、節約出来たスマホ代を何に使いましょうかね。笑

docomoの基地局を利用した格安スマホサービス

Umobileはdocomoの回線を使用しながら、格安料金のサービスを提供しています。そのため気になる通話品質はdocomoと変わりませんし、サービスの範囲も広く、回線も安定しております。また、これまでドコモのスマホを使っていた人なら、ほとんどの機種をそのままUmobileで使うことができます。UmobileではSIMフリースマホをセットで購入する事も出来ます。docomoのスマホを利用中の方であれば、UmobileのSIMカードを契約するだけで今までと同様に利用することができるのです。機種変更の費用を抑える事ができるので、気軽にサービスを利用できるメリットがあります。Umobileはdocomoと同じようなサービスを受けながら月々の支払いが安くなるという嬉しいサービスです。

LTEの高速通信が使い放題

U-mobileでは、格安スマホなのにLTEの使い放題プランがあり、このプランと同じようなものは他社にはないので、そこがUmobileのおすすめポイントとなっています。容量の制限を気にかけることなくハイスピードなLTE回線で通信したい人には、制限の心配がまったくない、まさにあつらえ向きと言えるプランでしょう。しかもLTEが使い放題でありながら、月額料金は3,000円にも満たない良心的な料金設定となっています。大手キャリアと比べても、この料金設定は明らかに安く、料金を抑えられる事が一目瞭然です。よくネットを理由する人にとってはとても魅力的なプランだと思います。スマホで高速通信を利用される方には、おすすめのMVNOです。このプランの詳細については、Umobile公式サイトで確認してみて下さい。

ネットで即日MNPもできる!

Umobileの魅力の一つとして、即日MNPに対応しているという点があげられます。Umobileで採用しているのはMNP届け出方式で、店舗へ出向かずオンラインでの手続きを済ますだけで、申し込みからSIMカード到着までの不通期間もなくMNPが可能となりました。即日MNPをしたいために、これまで店舗へ足を運んでいた方も、Umobileならばネット環境さえあればどこでも手続き、即日MNPが可能となっています。これまで携帯やスマホが使えない期間があるのが不安で、これなら、誰でも気軽に乗り換えることが出来ます。手続きは、SIMカードが到着したらマイページの回線切替ボタンをクリックするだけで非常に簡単です。これならよりスピーディにMNPの手続きが行えるため、格安スマホへ切り替えるユーザがいっそう増えることになりそうですね。

ユーモバイル料金について

Umobileを利用する際にかかる料金と費用についてご案内します。毎月のスマホ代がいくらかかっているかチェックした上で、Umobileでどれだけスマホ代を安くできるか、じっくりと見比べてみてください。では、月額費用と初期費用をチェックしてみましょう。

料金と初期費用

Umobileのプランは、今話題の格安SIMは、大きく分けてデータ専用SIMと、音声通話可能SIMがあり、料金も異なります。音声通話もできるSIMでは、070/080/090の番号が利用できるので、大手キャリアの携帯電話と同じように使いたい人は、音声通話SIMの選択が条件になるので、ここではデータ通信を選ばないようにしてください。音声通話SIMの料金プランは、3GBプランで、1,580円、5GBプランで1,980円、LTE使い放題プランで2,980円、LTE使い放題プラン2で2,730円となっています。

データ通信専用SIMの料金プランは、1GBプランで790円、5GBプランで1,480円、LTE使い放題プランで2,480円です。

音声SIMの「LTE使い放題2プラン」では、12か月間利用しないと、違約金が発生しますが、LETの使い放題プランの月々の利用料金2,980円より、250円格安になるプラン内容です。

Umobileの解約手数料

Umobileの解約縛り、これは契約前に頭に入れておいてください。データSIMの場合、2年縛りのような拘束期間がありません。例えば初日に解約したとしても、解約手数料は発生しません。一方、通話SIMには利用期間が設けられており、最低でも6ヶ月となっています。もし、6ヶ月間使用せずに解約してしまうと、違約金が6,000円も発生してしまうのです。キャリアと異なる事柄として、縛り期間が自動更新されないという点があり、7ヶ月以上利用すれば、解約時に違約金が掛からないのも大きな利点と言えます。

LTE使い放題2プランの解約違約金

UmobileにおけるLTE使い放題プランは二つで、違う最低利用期間・解約違約金が設定されています。契約から6ヶ月以内の解約の場合には、9,500円の違約金が発生します。 7ヶ月~12ヶ月目で解約する場合、解約手数料が3,500円必要になります。また、契約後、11か月以内に契約プランを変更する場合にも、手数料として3500円をお支払いただきます。以上の様に、他プランとは異なるケースが発生するので念頭に入れておく必要があります。解約をした時の違約金は、少し高めではあります。その分月額料金が低めになるプランなので、期間内に解約もプラン変更も絶対にしないのであれば、この LTE使い放題2プランは、たいへんお得ですので、自信をもってお勧めできます。

通信速度

いろいなMVNOの携帯プランの中でも、Umobileは、大手キャリアドコモの225MbpsLTE回線を使っています。この回線は対応しているエリアが広く速度も安定しています。

Umobileの3日制限について

どのMVNOでもそうですが、利用者の平等な利用環境のために、一定の量以上のデータ通信を行った利用者は使いすぎとみなされ、通信速度を規制する仕組みがとられています。最近3日間で使用したデータ量に応じて換算され、規定のデータ通信量を超えた利用者に対し、200Kbpsという低速通信を適用します。直前の3日間に通信したデータの量が基準値よりも低くなり次第、制限措置は自動で終了します。一般的な使い方をしていれば、速度制限が実施されることはほとんどないと思います。直近3日でどれだけ通信すると規制の対象となるかは明記がありませんでした。

Umobile口コミ

Umobileときいて思いつくのは、あの高速通信のLTEが使い放題というプランは大きな魅力です。信頼性の高いdocomoのLTE回線を使用して、制限無く高速通信が使えるサービスは、他社には中々ないプランです。この、使い放題プランを利用して、他社から乗り換えれば、月々のランニングコストを抑える事が出来るかもしれません。

通話SIMなら、毎月400~600ポイントバック!

コンテンツ量が多く人気の動画配信サービスのU-NEXTで利用可能な特典としてU-NEXTポイントが毎月還元されるのもお勧めできる点です。還元されるポイントは、毎月600ポイント。ただしLTE使い放題2プランは、毎月400ポイントです。U-NEXTで配信されている動画を見たい場合1本300円くらいなので、月に1~2本を無料で視聴することができます。話題の洋画や名作邦画といった映画から、国内外の人気ドラマ、見逃してしまったアニメやバラエティといったTV番組など、動画のラインナップが豊富です。Umobileを契約した場合月々3,000円弱掛かりますが、U-NEXTポイントが400~600ポイントも付くと言うのは、かなり還元率の高いポイントサービスだと言えます。

ユーモバイルのキャンペーン!

mineoのキャンペーン情報から、料金・速度・制限・評判等のまとめ

mineo料金に関して

mineoの料金プランや通信速度についてご紹介します。月々の携帯代と見比べながら、mineoならどれぐらい節約できるでしょうか。読んで頂ければと思います。どれだけ安いのか、mineoの料金プランを見てみましょう。

mineoの月額費用

mineoの月額費用は、データ通信専用SIMと音声通話付きSIMで分かれています。070/080/090番号を使いたい場合は音声SIMを選ぶことにより大手キャリアの携帯電話と同じように使いたい人は、必ず音声機能付きSIMを選択するよう、お願いいたします。音声SIMの月額プランは、Aプラン(AU回線)が500MBで1,310円、1GBで1,410円、3GBで1,510円、5GBで2,190円、10GBで3,130円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MBで1,400円、1GBで1,500円、3GBで1,600円、5GBで2,280円、10GBで3,220円です。

データSIMの料金プランは、Aプラン(AU回線)が500MBで700円、1GBで800円、3GBで900円、5GBで1,580円、10GBで2,520円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MBで700円、1GBで800円、3GBで900円、5GBで1,580円、10GBで2,520円となっています。

契約縛り

最低利用期間と解約手数料、これは契約前に頭に入れておいてください。mineoは解約違約金や最低利用期間の設定がなく、解約するときに解約手数料がかからないのです。利用期間や手数料を気にせずに格安SIMを試用できるという点が、てともありがたいサービスです。ただ、注意する点が1つあり、それは1年以内に他のキャリアに乗り換えると手数料がかかることです。契約するにあたり、その点だけは注意してください。

mineoの回線速度

ここでな、mineoの通信速度についてご説明していきまふ。docomoの回線のプランではLTE回線で最大225Mbps、auプランもドコモプランと同じ通信速度ですデジタル家電情報などを載せている雑誌などにも書かれていますが、混雑する時間帯に関しては、キャリア契約の回線の通信速度には劣ってしまいます。混雑時間だから遅くてもしょうがないって、諦めてしまいたくはないですよね。そういう人には、キャリアと契約するしかないでしょう。しかし、これだけの安さで提供している訳ですから、総合的に考えても、かなりコスパ・満足度の優れたサービスだと思います。

mineo Aプランでの3日制限に関して

どのMVNOでも変わりませんが、ユーザーが平等に使えるように、データ通信を多く使用したユーザーの速度を制限しています。現時点までの3日間で使用したデータ通信量を計測し、あらかじめ定められた通信量を超過した場合について、通常より遅い通信速度での使用ならば可能な速度制限が適用されます。直近3日間のデータ通信量が、規定より下がれば自動的に制限は解除されます。一般的な使い方をしていれば、速度制限が実施されることはほとんどないと思います。料金プランごとの規定容量は規定されていないようで、Aプランは、全プラン共通で1GB/3日が規定値になっています。

マイネオ docomo回線プラン3日間制限0

docomoの回線を利用した、mineoの回線プランでは、直近3日間のデータ通信量による通信速度制限はありません。例えば、メールの送受信のみの日と動画閲覧を頻繁にする日など、日によってデータ使用量に大きな差が出る方は、そんな方は、制限があるau回線のいわゆるAプランよりも、毎日の通信量を気にすることもなく、安心して使い続けることができます。キャリアの違いだけでなくこのような制限の違いもよく調べたうえでどちらのキャリアプランにするか検討するとよいでしょう。

mineoのチェックすべき項目

格安スマホのサービスの一つであるmineoついてご説明させていただきます。au、docomo、Softbankから乗り換えると、スマートフォンの月額使用料を大幅に削減することができると期待できます。月々1310円で利用可能な格安SIM格安スマホサービスがあるのは、mineoです。国内で初めてマルチキャリアMVNOとなったmineoは、キャリアでもトップクラスのdocomoとAUの回線プランを取り揃えています。電波のエリアや音声品質は全く一緒ですので、節約の味方になる頼もしい存在ですね。そんな訳で、今回は、mineoの料金や解約について、まとめましたので、話題のmineoについて、ご理解頂けるかと思います。

docomoとdocomo・AUの基地局を利用したMVNO

mineoはMVNOの1つで、auやdocomoと同じ回線を使ってサービスを提供しています。キャリアと同じくらいの高音質で通話も今まで通り行っていただけますし、通信エリアの広さもほとんど同じです。mineoで使える機種は、回線が同じなのでdocomo・AUの機種を使うことが可能なので、スマホを新たに購入しなくても大丈夫です。端末を新しく購入する必要が無いので、初期費用を大幅に抑える事が出来て大変便利なポイントです。mineoで販売されている格安スマートフォンを購入し、利用することもできます。ハイクオリティの回線をお得に使えますし、docomo回線とAU回線の好きな方を選択することができます。なお、利用料金がそれぞれ異なるので、その点も比較しながら検討するといいとおもいます。

高品質通話VoLTE対応!

mineoではVoLTE対応のプランが用意されています。この聞き慣れないVoLTEというものは、従来の音声通話よりも音質が格段に改善された、新技術を用いた新たな通話サービスの事です。300Hz?3.4kHzまでの周波数を今までは拾うことができていましたが、このVoLTEは、なんと50Hz~7kHzまでの音が拾えるのです。従来の音声電話よりも、高音質な通話が可能になりました。VoLTEは、mineoの素晴らしい魅力の一つです。

データ繰り越しに対応している

mineoだと、使わなかったデータ量は翌月に繰り越すことが可能なため、毎月データ使用量が安定しない方も、ならして使えるので気にせず使えていいですよね。

mineoアプリでデータ量を節約

mineoには、mineoスイッチというものも用意されていて、データ通信速度を高速と低速で自由に切り替えて使うことができます。節約したデータ容量の使い方ができるので、ユーザーには嬉しい機能ですよね。データ容量を節約できるmineoスイッチとWi-Fiを上手に利用すれば、より低価格なプランにする事も出来ると思います。携帯代を節約するのに一役買うこと間違いありません!

終了間近のキャンペーン

IIJmioのキャンペーン情報│インターネットイニシアティブの格安SIM

IIJmioの評価について

有名なIIJmioの最大の魅力は、格安SIMの老舗である信頼性とサポートの充実度にあります。これは格安SIMアワードの総合部門最優秀賞受賞ということからも、利用者の満足度が高いと考えることが出来ます。TEL・オンラインどちらのサポートもしっかりしたもので、格安スマホを使ったことない人へも、スムーズに格安スマホ/SIMに移行ができるMVNOと言えます。

手厚いサポートと安定した実効速度が人気の秘訣

IIJmioに対する評価を見ると、通信スピードの安定性と親切丁寧なサポートに集中しているようです。「RBB SPEED TEST」のユーザーを対象に行った満足度調査では、MVNOの中でも屈指の顧客満足度を得ており、最優秀賞を獲得できるほどのサービスを提供する企業です。やはり、IIJmioは格安スマホ選びにおいては、有力な候補の一つになると思います。他のMVNOと比較してみても、ブランド力においては定評があります。何よりユーザーから口コミで高い評価を受けているMVNOなので、今後、格安スマホを検討している人にとっては、心強いMVNOの一つです。

みおふぉん月額と解約

IIJmioの料金プランや速度について、解説していきます。今使っているスマホの料金と比べて、通信料金がどれだけ安く抑えることができるのか、考えてみてください。それでは、料金プランの詳細を見てみましょう。

みおふぉんの料金プラン

IIJmioの料金プランは、格安スマホなどのSIMはデータ通信用と音声通話機能付きの2つがあり、料金が違っているって知ってますか。070/080/090の番号が使えるのが、音声通話ができるSIMなので、これまで通りの携帯電話と同じように使いたい場合は、必ず音声機能付きSIMを選択するよう、お願いいたします。音声通話SIMの料金は、ミニマムスタートプラン(3GB)で1,600円、ライトスタートプラン(5GB)で2,220円、ファミリーシェアプラン(10GB)で3,260円です。

データ通信専用SIMの月額費用は、ミニマムスタートプラン(3GB):900円、ライトスタートプラン(5GB):1,520円、ファミリーシェアプラン(10GB):2,560円となっています。

解約制限について

IIJmioの解約違約金について、まとめましたので、ご紹介します。IIJmioの場合、データSIMの利用期間の縛りはありません。つまり、いつでも解約が出来る上、解約の違約金も発生しません。一方で、最低でも12ヶ月間使わなければならないのが、みおふぉんです。12ヶ月以内に解約をした場合は、9,000円の解約手数料が必要になります。キャリア会社のように利用期間毎に自動更新されないので、13か月以降に解約した場合は、違約金が掛からないというメリットがあります。

IIJmioの回線速度について

MVNOには様々な種類がありますが、その中でもIIJmioは、docomo 4GLTE回線で通信速度225Mbpsの高速通信を利用した格安スマホサービスです。注目すべきは回線速度の速さと、対応エリアの広さでそういった点で安心できるサービスということができます。通信速度の安定性が高いようなので、SNSでの口コミやレビューサイトの評価を見るに、肯定的な意見が多く見受けられました。安心して使える通信速度が速くて格安のスマホをお探しなら、おあつらえ向きといえるのがIIJmioであると、自信を持ってお勧めできます。

IIJmioの72時間制限

みおふぉんは、低速通信環境で接続をしている場合、直近3日間に利用された通信量によっては、帯域制限の対象となり通信速度が制限されることがあります。ただし、高速通信の利用時にはこの3日間の通信量制限はありませんので通信量を気にせずお使い頂けます。契約者が均等に快適な通信が行えるよう、通信データを使いすぎるユーザーには、通信速度の制限を設けております。どのように算出するかというと、直近3日間に利用したデータ通信の量で計算され、あらかじめ定められた容量を超えて通信をした利用者に対しては、速度制限がかけられます。この三日間の通信量がが定められた値を越えなければ、速度制限はなくなります。通常の利用の範囲内であれば、なかなか対象にはならない制限でしょう。

IIJmioとは?

株式会社インターネットイニシアティブの取り扱う格安スマホ&格安SIMである「みおふぉん」について、ご紹介します。インターネットイニシアティブジャパンは、格安SIMサービスの古参企業の一つであり、格安SIMサービスが開始した当初からのユーザーであれば、IIJmioというサービスを知っているでしょう。2015年に実施さた調査では、SIMアワード2015顧客満足度総合部門最優秀賞の栄冠に輝いています。最優秀賞を獲得した要因として、比較的安定した通信速度や手厚い顧客サポートが挙げられるでしょう。IIJmioって何?という方もいらっしゃるかと思いますので、IIJmioのスピードや口コミをレビューしながら、ご紹介していきます。IIJmioに関して、理解を深めて頂けるかと思います。

docomoの基地局を利用した格安SIMサービス

格安SIMサービスでおなじみの株式会社インターネットイニシアティブが提供している格安SIM、IIJmioはdocomoの通信回線を使っています。なので、通信品質はdocomoと何ら変わりませんし、通信可能エリアも広く、つながりやすいので快適に使えます。ドコモの多くのスマートフォンは、IIJmioのスマートフォンとして使えます。もちろん、IIJmioが販売しているSIMフリースマホのセットを買うことも出来ます。既にdocomoのスマホをお持ちのかたならば、SIMカードの契約だけでIIJmioが使えるようになりますので、機種変更の費用を抑える事ができるので、気軽にサービスを利用できるメリットがあります。IIJmioは、格安スマホサービスです。docomoの信頼のクオリティをそのままにスマホが使える、賢いあなたにぴったりのとってもお得なサービスです。

初速バースト!低速時がより快適に。

IIJmioならでは使える注目の機能に「バースト機能」というものがあります。名前だけではどのような機能かわからないと思うのでご説明します。通信速度が低速化した際に、最初の3秒間ほど高速データ通信を行うことで、アクセスしたサイトの表示速度を向上させる機能の事をバースト機能といいます。この機能により、低速通信時でもページ表示が速くなるため、表示速度の遅さからくるイライラが解消され、ストレスなくインターネットを楽しめるという、とても注目されている機能となっております。しかし、バースト機能が使えるのは、IIJmioとllJmioだけです。

余ったデータ通信量のくりこし

プランによってそれぞれ、データ容量は変わっていますが、データ通信の使用量が少なかった月は、残ってしまうこともあるでしょう。そういった悩みにもIIJmioであれば、次の月に残ったデータ容量を持越して利用うることができるのです。一部のMVNOには、残ったデータ通信量の繰り越しサービスの無いものもあり、そういった点においても、IIJmioの大きな魅力の一つです。翌月繰越で、月々のデータ通信量を無駄なく使えたら、一層お得ですよね。

家族シェアなら、最大10枚まで追加可能

IIJmio内で提供しているサービス、ファミリーシェアを利用すれば、追加のSIMが最大10枚まで可能となっています。親世帯、子供世帯合わせて10人でIIJmioに乗り換えれば、いま利用している携帯料金よりも、大幅に料金を圧縮する事ができます。家族が1人1台は携帯を持つ時代、家族全員の携帯代を考慮すると、びっくるするほどの節約効果が出ることがわかると思います。今、注目を浴びている格安スマホに乗り換えるならこのタイミングがいいと思います。IIJmioはサポート体制が十分で好評なので、格安スマホを利用したことがない人でも安心して利用することができます。子供に見せたくないサイトやアプリも「みまもりパック」のオプションを付ける事でインターネットの危険から子供を守れます。

IIJmioのキャンペーン

DMMモバイルの口コミとキャンペーンまとめ

DMM.comの格安スマホの料金と解約

月々の料金や通信速度など、DMMモバイルの概要について説明します。今現在利用しているスマートフォンの利用料と比べながら、通信費用をどの程度カットできるのか、把握してみてはいかがでしょう。では、DMMモバイルの料金プランを見てみましょう。

DMMモバイルの料金プランと初期費用

DMMモバイルの月額プランは、データ通信のみが出来るSIMとデータ通信も通話も出来るSIMの2種類分かれておりそれぞれ料金が異なります。音声通話が出来るSIMは、電話番号の最初の3桁が、070/080/090/の番号になりますので、今お使いの携帯電話と同じように使用したい時は、このまま音声通話SIMを選択してご利用ください。音声通話SIMの月額プランは、ライトプラン:1,140円、1GBプラン:1,260円、2GBプラン:1,470円、3GBプラン:1,500円、5GBプラン:1,970円、7GBプラン:2,560円、8GBプラン:2,840円、10GBプラン:2,950円、15GBプラン:5,270円、20GBプラン:6,790円:す。

データSIMの料金プランは、ライトプランで440円、1GBプランで590円、2GBプランで770円、3GBプランで850円、5GBプランで1,210円、7GBプランで1,860円、8GBプランで2,140円、10GBプランで2,190円、15GBプランで4,570円、20GBプランで6,090円となっています。

DMMモバイルの解約制限について

DMMモバイルの解約縛りと解約違約金に関して、説明していきます。解約の話ですが、データ通信専用SIMのみをお使いの場合でしたら、最低利用期間については全く気にすることはありません。いつ解約する場合でも、解約手数料や違約金が発生しないのは安心ですね。音声通話用SIMをお使いの場合は、さすがにそういうわけにもいかず、少なくとも12ヶ月間は契約を続けることが前提になっています。仮に、12ヶ月以内に契約を解除するのであれば、違約金『9,000円』の請求を受けることになります。しかし、大手キャリアの場合は、最初の縛り期間が自動更新されますが、格安スマホの場合は自動更新とはならないという点で、13ヶ月以上利用すればいつでも解約できますし、違約金もかかりません。

DMMモバイルの特徴

よく知られているMVNOの一つにDMMモバイルがありますが、動画配信からモノづくりまで幅広い事業展開をしている「DMM.com」が提供する格安スマホサービスです。DMMモバイルは業界最安値を売りにしており、ほぼすべてのプランで最安の設定となっているようです。1ヶ月あたりの料金を重視する方には、MVNOは最も適していると思います。また、通信においても安心して使用できる速度と安定感を実現し、インターネット接続も快適に行えます。それでは、早速!DMMモバイルの速度や口コミをまとめてご紹介していきます。節約出来た携帯代で何を買おうかしら…。笑

docomoエリア対応の格安SIM・格安スマホ

DMM.comの提供する格安スマホはdocomo回線を使用しているのです。ですので、通話のクオリティはdocomoと同じですし、つながるエリアのサービスの広さにおいては信用が高いのです。これまでのNTTドコモのスマホをまだまだ使いたいという方にも朗報ですが、大半の機種はそのまま使えます。またDMMmobileが販売しているSIMフリースマホを新たにセット購入することも可能です。今現在、docomoのスマホを利用しているのであれば、SIMカードを購入するだけで利用できるので、高額な端末代金を購入する必要がないので、通常かかってしまう機種代金を大幅に節約できる点も魅力的ですね。DMMモバイルは、格安スマホサービスです。docomoの信頼のクオリティをそのままにスマホが使える、賢いあなたにぴったりのとってもお得なサービスです。

iPhoneも分割購入可能!

DMMモバイルはiPhoneを分割で支払えるというメリットがあります。本来ならMVNOというものは、海外の安物の携帯端末しか扱っておらずiPhoneのような性能が高くて人気の機種がないところが多いです。その点DMMモバイルでは、最新のiPhone6も取扱い端末の中に入っているので、分割購入でiPhoneを手に入れたいのであれば、DMMモバイルという選択肢が最有力候補になります。MVNOでiPhoneを購入しようと思うのであれば、ベストな選択肢としてDMMモバイルがあげられます。ただ、人気なだけにiPhoneは売り切れの場合が結構あるので、確認した際に在庫がありましたら、早めに注文することをお勧め致します。

あまったデータ量の翌月繰越し対応!

プランごとにデータの通信料は異なりますが、データ使用量が少ししかなく、容量が余ってしまう月もあるのではないでしょうか。でも、DMMモバイルであれば、余ったデータ容量を翌月に繰越て使うことができて、大変助かります。翌月に繰り越しが出来る格安SIM会社は意外に少ないので、翌月に繰越せるDMMモバイルは魅力的ですね。価格の安いサービスでも、毎月のデータ容量は無駄なく使いたいです。

不通期間なしのMNPもできる!

DMMモバイルを利用するメリットは様々ありますが、即日MNPに対応できるのも大きなメリットの一つです。DMMモバイルが採用しているMNP届け出方式は、ネット上から簡単な手続きを済ませるだけで、サービス不通期間なしに、MNP転入ができます。以前は、即日MNPをするためには実店舗に赴くことが不可欠でしたが、現在は、店舗へ出向かず自宅で、即日MNPができるようになっています。MNPのときに回線が使えなくなる期間が出ることで、格安スマホの乗り換えをためらっていた人も、気にせずMNPできるようになりました。SIMカードを入手してからすることは、DMMモバイルの会員向けページで回線切替用のボタンを押すことだけです。今まで乗り換えは手間がとお考えの方もこの機会にご検討下さい。

10%還元!DMMポイントを毎月ゲット

DMMモバイルの契約中は、毎月利用した金額の10%がポイントとして還元される、嬉しいキャンペーンが行われています。それも基本料金だけとかいうケチなものではなく、DMMモバイルに支払うすべての利用料金がポイントの対象ですので、DMM.comで動画を楽しむ方には嬉しい特典ですね!基本料金は他社と比べても最安値といっても過言ではない上に、その上に、10%のポイント還元なので、コストパフォーマンスを考えると最もお得なMVNOと言えそうです。何より携帯料金を節約したいと考えている人は、DMMモバイルについて調べてみたらどうでしょうか。

バースト機能で、快適な低速通信

DMMモバイルには、バースト機能というものがあります。果たして、バースト機能とはどういった機能なのか紹介いたします。通信速度が低速化した際に、最初の3秒間ほど高速データ通信を行うことで、コンテンツの表示をスピードアップする働きをします。このバースト機能によって、低速通信状態でも表示する速度が早くなるので、WEBページを閲覧する際のレスポンスが向上し、より便利にインターネットを使えるので、ウレシイ機能です。しかし、難点がありまして、このバースト機能は、DMMモバイルとIIJmioにしか備えられていないようです。

DMMモバイル評価まとめ

DMMモバイルの最大のメリットといえば、他と比較してもかなり安い月額料金と通信スピードの速さだと思います。利用料金の安さと通信速度の速さの両方を満たしたいのであれば、一番いいMVNOってことになります。レビューサイト等での評価の多くは、月額料金と高速通信が消費者の皆様に評価されているからにほかなりません。

速度が速いのが快適!

DMMモバイルを利用している人の評価でよく聞いたり読んだりするのが、何時でも安心して高速通信利用できる安定性とです。月々の料金が安いだけでなく、速度も速いため、格安SIMサービス会社の中でも、DMMモバイルは人気急上昇中です。今なら10%ポイントバックキャンペーンも開催中ですので、速度とコストパフォーマンスを重視するのであれば、とてもお勧めできる格安スマホといえます。格安スマホで悩まれている方はDMMモバイルを検討されてみてはいかがでしょうか。

DMMモバイルの回線速度

いろいなMVNOの携帯プランの中でも、DMMモバイルは、docomoの4GLTE回線を使用しています。docomoと同じLTE回線なので、広範囲で安定して使える安心できるサービスです。通信速度の安定性も好評で、口コミなどを見てみても、非常に良い評価を受けているという印象です。月々の料金を節約し、かつ高速通信ができる格安スマホを探しているならば、DMMモバイルこそが、最有力なMVNOといえるでしょう。

DMMモバイルでの通信制限に関して

DMMモバイルでは、直近3日間に低速通信をしている利用している場合、その通信量に伴って速度制限の対象となることがあります。なお、高速通信を利用している場合には、この通信制限は発生しないので、主としてそれを使っている人には心配無用です。契約している全ての方々が快適な通信が利用できるよう、多くのデータを通信利用した者に、速度制限の処置を取っています。どのように算出するかというと、直近3日間に利用したデータ通信の量で計算され、定められた容量をオーバーした利用者には、通常より遅い通信速度での使用ならば可能な速度制限が適用されます。速度が制限された状態はいつまでも続くことはなく、直近3日間の通信量があらかじめ定められた容量に収まれば自動的に解除されます。一般的な使い方をしていれば、速度制限が実施されることはほとんどないと思います。

いま開催中の割引キャンペーン